----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2019年05月23日

環境工学 〜熱伝達〜

今日は建築学において環境工学から熱伝導について書いてみます。


固体とその固体に接する液体との間には、熱ふく射、熱対流、熱伝導、の関係する複合的な伝熱が生じますが、これを熱伝達といいます。

表面熱伝達率(固体の表面積1uあたり、それに接する液体との温度差1℃あたり1時間に固体、液体間を移動する熱量)は、固体の表面の形状や流体の流速によって異なる値となりますが、実用上の熱負荷計算においては、固体の部位ごとに一定の値を用いています。

ちなみに、壁の場合、風速が速いほど、表面熱伝達率は大きくなります。


静止空気は熱を伝えにくいので、壁などの内部に空気層を設けると断熱性が増します。空気層の厚さが20〜30mmを超えると、伝熱はほぼ一定となりますが、厚すぎると空気層内部に自然対流が生じて断熱効果が悪くなるので、空気層の厚さは20mm程度にするのが最も効果的です。

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 17:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
環境工学 〜熱伝導〜 by 世田谷住民 (05/16)
令和 初お参り by 世田谷住民 (05/05)
環境工学 〜日照〜 by まひる (04/09)
環境工学 〜日射〜 by まひる (04/08)
東京都世田谷区K様邸 屋根 外壁塗装工事 〜駐車場土間クラック補修〜 by 世田谷住民 (03/29)
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------