----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2019年05月14日

環境工学 〜熱伝導〜


今日は建築学において環境工学から熱伝導について書いてみます。


熱伝導は物体内に温度差が存在すると、図1・4に示すように高温部から低温部へ熱が移動する現状です。壁体を貫流する熱量は、外気温と室内温度の差が大きいほど多くなります。


C52B9783-005A-425C-B3C2-9AF2A711C74D.jpeg

熱伝導率(厚さ1mの単一材料の両面の表面温度差が1℃のときに、材料の熱の移動方向に対して直角な断面積1uを1時間あたりに移動する熱量)の大きい材料ほど熱を伝えやすい。各種材料の熱伝導率の値は、湿潤状態になると大きな値となる。また、同じ種類の材料でも密度が大きいほど大きな値となり、温度差が高いほど大きな値となります。

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 18:29| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
またまた、勉強になりました!
なるほど。
Posted by 世田谷住民 at 2019年05月16日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
8月の喜多見不動堂 by 世田谷住民 (08/04)
環境工学 〜熱伝導〜 by 世田谷住民 (05/16)
令和 初お参り by 世田谷住民 (05/05)
環境工学 〜日照〜 by まひる (04/09)
環境工学 〜日射〜 by まひる (04/08)
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------