----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月26日

建築学の一般構造 〜鉄骨構造の溶接〜

今回は建築学の一般構造から鉄骨構造の溶接について書いて見ます。


溶接する箇所を溶接継目といい、溶接継目には、突合せ溶接(突き合わせた母材に開先を作り、そこを溶着金属で埋めて接合する溶接継目)、隅肉溶接(隅角部に溶着金属を持って接合する溶接継目)、部分溶込み溶接(母材が完全に溶け込んでいない突合せ溶接部)があります。


突合せ溶接(完全溶込み溶接)では、十分な管理が行われている場合、その許容応力度は、接合される母材の許容応力度とすることができます。突合せ継手の食い違いの誤差は、鋼材の板厚に応じて決められています。


隅肉溶接は、接合する母材間の角度が60°以下、または、120°以上である場合には、応力を負担させてはなりません。隅肉長さの有効長さは、溶接全長からサイズの2倍を引いた値です。


部分溶込み溶接は、せん断力のみを受ける場合に使用でき、溶接線と直角方向に引張り力を受ける場合や溶接線を軸とする曲げを受ける場合には、使用できません。また、繰り返し応力を受ける箇所にも使用できません。



7D45462D-99B9-4F90-9D33-F00CD5DEB9E1.jpeg
posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 16:17| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------