----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月25日

建築学の一般構造 〜鉄骨構造の高力ボルト接合〜

今回は建築学の一般構造から鉄骨構造の高力ボルト接合について書いてみます


引張耐力の非常に大きい高力ボルトを用いた接合を高力ボルト接合といい、摩擦接合と引張接合があります。

高力ボルト摩擦接合(部材同士の締め付け接触面の摩擦により、力を伝達する接合法)は、高力ボルトに導入される軸力と摩擦面の管理が重要です。

摩擦面は、浮き錆びを除いた赤錆状態を標準とします。この場合のすべり係数は0.45とすることができます。

摩擦面の数により、一面摩擦とニ面摩擦があり、二面摩擦は一面摩擦の2倍の許容せん断力となります。


高力ボルト摩擦接合は、繰り返し応力に対しての許容応力度の低減は考えなくて良いですが、せん断力と同時に引張りを受ける場合には、引張りの大きさに応じて許容応力度を低減します。

高力ボルト相互感の中心距離はその径の2.5倍以上とします。



C3336CAE-237A-48F6-AB9A-054BEF713224.jpeg
posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 17:51| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------