----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月18日

建築学の一般構造 〜鉄筋コンクリート構造の梁〜

今回は建築学の一般構造から鉄筋コンクリート構造の梁について書いてみます。


構造耐力上主要な梁は、上端と下端に配筋する複筋梁とします。



下端筋の端部は、原則として曲げ上げて柱梁接合部に定着します。また、鉄筋の折り曲げ起点は、柱の中心を越えた位置とします。


梁に貫通孔を設けた場合、孔の周辺に応力が集中し、せん断耐力を低下させます。せん断応力は、孔の部分を除いた断面積に比例しますが、曲げ耐力は低下しないため、せん断破壊を生じやすくなります。やむをえず貫通孔を設ける場合には、径を梁せいの1/3以下を限度とし、梁スパン中央付近に配置し、かつ補強金を配します。


posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 17:27| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------