----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月17日

建築学の一般構造 〜鉄筋コンクリート構造の柱〜

今回は建築学の一般構造から鉄筋コンクリート構造の柱について書いて見ます。


柱の最小径とその主要支点間距離の比は、普通コンクリートの場合1/15(軽量コンクリートの場合1/10)以上とする。


短柱(柱せいに比して長さの短い柱)は、せん断破壊を起こしやすくなります。せん断破壊は、曲げ破壊に比べて脆性的な破壊形式であり、避けなければなりません。短柱としないために、腰壁や垂れ壁にはスリットを設け、構造的に縁を切ります。


柱の主筋の断面積の和は、コンクリート断面積の0.8%以上とします。主筋は、引張力以外に圧縮力に対しても有効に働きます。ただし、引張鉄筋比を大きくすると、主筋に沿ってひび割れが生じる付着割裂破壊が生じたり、変形能力が小さくなるので注意します。

また、帯筋比は、0.2%以上とします。帯筋比が大きいほどせん断耐力は大きくなります。

地震時に負担している軸方向圧縮力が大きくなると、変形能力が小さくなり、脆性破壊の危険があります。


柱の出隅部では、末端部にフックを必要する。

柱に用いる帯筋の端部は、原則として135°以上に折り曲げ、余長6d(dは鉄筋径)をとって定着します。スパイラル筋(らせん状の帯筋)を用いる場合、その重ね継手の長さは、50d(dは呼び名の数値、または鉄筋径)以上、かつ300mm以上とします。

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 11:23| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------