----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月12日

建築学の一般構造 〜木構造の構造設計〜

今回は建築学の一般構造から木構造の構造設計を書いてみたいと思います。


地階を除く階数が2を超える建築物の1階の柱の小径は、13.5cm以上とします。また、有効最長比は、150以下とします。


圧縮力を負担する筋かいは、厚さ3cm以上で幅9cm以上の木材を使用します。引張力を負担する筋かいは、厚さ1.5cm以上で幅9cm以上の木材または経9mm以上の鉄筋を使用します。


筋かいは、地震時に大きな水平力を負担し、柱に圧縮力や引抜力として伝わります。この引抜力に抵抗するために、筋かいの付く柱脚部には、アンカーボルトが必要になります。




2階建の隅柱は、通し柱(上下階を通し用いる柱)とするか、または、接合部を通し柱と同等以上の耐力を有するように補強した柱とします。


筋かいには、切欠きをしてはいけません。筋かいと柱、間柱が交差する部分では、柱、間柱を欠込みます。また、梁、桁などの横架材の材長中央部の引張り側における切欠きは、応力集中による弱点となりやすいので、できるだけ避けます。



posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 17:28| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------