----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月11日

建築学の一般構造 〜基礎〜

今回は建築学の一般構造から基礎について書いて見ます。


基礎の機能は、上部構造物を安全に支持し、沈下等を生じさせないことにあります。

基礎は、直接基礎(荷重を基礎スラブ下部から直接、支持地盤に伝える基礎)と杭基礎(地中に築造された杭を介して支持地盤に伝える基礎)とに分類されます。併用することはなるべく避けます。

基礎スラブの形状は、独立フーチング基礎、複合フーチング基礎、連続フーチング基礎、ベタ基礎に分類できます。基礎の形状、大きさは各々の基礎面の接地圧が地盤の許容地耐力を超えず、各基礎の沈下が許容沈下量内になるように、地盤調査結果に基づいて決定します。基礎スラブの根入れ深さが深くなるほど、鉛直支持力は大きくなります。


杭基礎は、支持杭(杭の先端を支持地盤に到達させる杭)と摩擦杭(杭の周面摩擦力に期待する杭)とに大きく分類されます。支持杭と摩擦杭では、沈下を生じる土層が異なり、沈下速度も異なります。したがって、支持杭と摩擦杭を併用することは望ましくありません。

また、既製杭と場所打ち杭という分類もあります。既製杭にはPC杭、RC杭、鋼杭等があり、打込みや埋込等により施行されます。

場所打ち杭には、アースドリル工法、リバース工法、オールケーシング工法等があります。打込み杭とセメントミルク工法による埋め込み杭とアースドリル工法等による場所打ち杭の許容支持力の大小関係は、一般的に、打込み杭>打込み杭>場所打ち杭です。

地盤沈下によって、杭には負の摩擦力(下向きの摩擦力、ネガティヴフリクション)が生じます。特に支持杭では、負の摩擦力が生じると、杭の先端部における圧縮軸力が大きくなります。

地震時には、杭に曲げモーメントとせん断力が生じます。杭に生じる曲げモーメントは、一般に、杭頭部が大きく、杭先端部にはほとんど生じません。


1B2A340C-9388-4933-AFE3-47A67177398B.jpeg
8424A43C-1C61-43B3-86CF-17BA9BB5E3B3.gif

93DA688C-8861-4428-890A-63F1690038B5.jpeg

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 19:02| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------