----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月10日

建築学の一般構造 〜地盤〜

今回は建築学の一般構造から地盤について書いてみます。


土の種類は、粒子の大きいものから、礫(粒径2mm以上)、砂(20.074mm)、シルト(0.0740.005)、粘土(0.005mm以下)に大別されます。


地盤は、土の粒径の混合割合により、砂質地盤、粘土質地盤、ローム(砂、シルト、粘土が混合したもの)に大別されます。

この3者の混合の中で砂の割合が多いものを砂質粘土といいます。


粘土質は、圧密沈下(粘土地盤が荷重を受けることにより、間隙水が徐々に周囲に流出し、その結果、間隙比が減少して沈下現象を起こすこと)による不同沈下が、砂質地盤では液状化(水で飽和した砂が、振動、衝撃などによる間隙水圧の上昇のために、せん断抵抗を失う現象です。地盤が液状化することにより、地中に埋設された施設等が浮き上がるおそれがあります)が問題になることがあります。

地盤の許容応力度は、地盤調査を行い、その結果に基づいて定めなければなりません。ただし、建築基準法施行令第93条には、地盤の種類に応じた許容応力度が規定されています。


地盤の許容応力度 [kN/u]



長期許容応力度

短期許容応力

岩盤

1000

長期の2

固結した砂

500


土丹盤

300


密実な礫層

300


密実な砂質地盤

200


砂質地盤

 (地震時に液状化の

 恐れのないものに限る)

50


堅い粘土質地盤

100


粘土質地盤

20


堅いローム層

100


ローム層

50


      「令93条より」

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 09:49| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------