----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月08日

建築学の環境工学 〜色彩調節〜

今回は建築学の環境工学から色彩調節について書いてみます。


色彩の心理効果を利用して、よりよい住環境や職場環境を作り出すことを色彩調節といいます。

建築では、一般に5YR10YRの暖色で、明度78の彩度の低い色がよく使用されています。

病院の手術室などにおいては、医者や患者の安静や疲労回復のために青緑の色が多く用いられています。

また、工場などにおいては、作業能率の向上を目的とする色彩調節のほか、生産系列の色分け、危険、注意、安全などを示す色分けなどにも色彩調節が利用されています。

また、異なる色の光を投影して混色することを加法混色といい、

 色ガラスや色フィルタの重ね合わせによって別の色を生じさせることを減法混色といいます。


8513B7D7-F07B-4748-B285-8ED5F0C63CC9.jpeg
加法混色

9354B4B0-5054-4030-B3E4-851D3AD1B218.jpeg
減法混色
posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 14:33| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------