----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月05日

建築学の環境工学から色彩心理効果

今回は建築学の環境工学から色彩の心理効果について書いてみます。


色相環において、黄緑と紫とを結ぶ線の赤側の色は暖かく感じ、青緑側の色は涼しく感じます。

暖感を感じさせる色は進出して膨張して見え、長い経時感を与えます。これに対して、涼感を感じさせる色は後退して縮んで見え、短い経時感を与えます。


明度の低い色は、後退して縮んで見え(後退色)、重く、硬く感じます。これに対して、明度の高い色は、進出して膨張して見え、(進出色)、軽く、柔らかく感じます。したがって、上部よりも下部を暗い色にすると、重心が下がっているように感じ、安定感を与えます。


同じ色でも、面積が大きいほど、明度と彩度が増加して見え、その色らしく見えます。この現象を色彩の面積交換といいます。また、同じ色でも、暗い場所では青味がかって見え、赤と青を明るい所から暗い所へ移すと、赤の方がより暗くなるように感じられます。

二つ以上の色の組み合わせが、人に心地良い感じを与えるとき、色が調和しているといいます。


等明度、等彩度の色彩の組み合わせでは補色色相の組み合わせが最も識別しやすく、また、等明度、等彩度の色相対比による色彩の変化は、背景の色相の補色色相の方向へ変化して見え、すなわち、色相差の大きな方向へ変化して見え、補色関係の色彩においては色相変化は認められないので、彩度が高まって感じられます。


彩度は背景の彩度との差が大きくなる方向に変化して見えます。

また、無彩色の背景で、図形の色彩を凝視している時に、突然図形の、色彩を取り去ると、同じ箇所にはほぼ補色の色相の同形図形が感じられます。


外壁の塗り替え時に色彩の心理効果を取り入れては如何でしょうか。


インターネット検索するといろいろな色彩の心理効果が出てますので、見てみると面白いかもしれません。

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 17:34| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------