----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2020年06月25日

建築学の一般構造 〜鉄骨構造の高力ボルト接合〜

今回は建築学の一般構造から鉄骨構造の高力ボルト接合について書いてみます


引張耐力の非常に大きい高力ボルトを用いた接合を高力ボルト接合といい、摩擦接合と引張接合があります。

高力ボルト摩擦接合(部材同士の締め付け接触面の摩擦により、力を伝達する接合法)は、高力ボルトに導入される軸力と摩擦面の管理が重要です。

摩擦面は、浮き錆びを除いた赤錆状態を標準とします。この場合のすべり係数は0.45とすることができます。

摩擦面の数により、一面摩擦とニ面摩擦があり、二面摩擦は一面摩擦の2倍の許容せん断力となります。


高力ボルト摩擦接合は、繰り返し応力に対しての許容応力度の低減は考えなくて良いですが、せん断力と同時に引張りを受ける場合には、引張りの大きさに応じて許容応力度を低減します。

高力ボルト相互感の中心距離はその径の2.5倍以上とします。



C3336CAE-237A-48F6-AB9A-054BEF713224.jpeg
posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 17:51| Comment(0) | 日記

2020年06月24日

建築学の一般構造 〜鉄骨構造の座屈〜

今回は建築学の一般構造から鉄骨構造の座屈について書いてみます。


座屈は、圧縮材の弾性座屈、曲げ材の横座屈および板要素の局部座屈などがその代表例です。

圧縮材の弾性座屈は、その座屈長さが長いほど生じやすく、座屈長さは、部材の支持条件により異なります。座屈長さを部材の断面二次半径で除したものを細長比といい、細長比の大きいものほど座屈しやすくなります。


曲げ材の横座屈は、断面のせいが大きいほど生じやすく、箱形あるいは丸形断面である鋼管は生じにくいです。


断面板要素の局部座屈は、幅厚比(厚さに対する幅の比。)が大きいほど生じやすくなります。

H形鋼の、ウェブの補強として用いるスチフナには、材軸に平行な水平スチフナと直角な中間スチフナがあり、水平スチフナは、曲げ圧縮座屈に、中間スチフナはせん断座屈に対して用います。


F4ACD764-9377-4ACD-A690-2870C0136830.jpeg


9F41A850-60FC-43C8-AB40-098042BD5C89.jpeg

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 15:38| Comment(0) | 日記

2020年06月23日

建築学の一般構造 〜鉄骨構造の鋼材の性質〜

今回は建築学の一般構造から鉄骨構造の鋼材の性質について書いてみます。


鋼材の引張強さは、含まれる炭素量によってことなります。一般に、炭素含有量が0.8%前後のときに引張強さは最大となります。JISにおける鋼材の種類の記号SS400SN490BSTK400などの数値は、2.05×10^5N/㎟で鋼材の種類にかかわらずいっていです。鋼材は、不燃材料ですが、高温になると軟化する性質をもつので、耐火被覆を施します。


鉄筋コンクリート構造に比べ

・大スパンの建築物が可能

・工場加工の比率が高く現場作業が少ない

・変形能力がおおきい

・軽量化が図れる


82BEEDFD-C979-44D0-8C7E-FB46AC547A7B.gif
posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 11:59| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------