----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------

2019年10月08日

建築学 〜環境工学から結露〜

今日は建築学の環境学から結露について書いてみます。


空気がその露点温度よりも低い温度の壁などに接した場合、すなわち、壁表面における飽和水蒸気圧が空気中の水蒸気圧より低くなる場合には、その空気の飽和絶対湿度以上の絶対湿度は水蒸気から水滴に変わり、壁面などに水滴が生じます。この現象をご存知の結露といい、冬期に窓ガラスや断熱性の悪い外壁などの内面に生じやすいです。また、夏期に冷房された部屋では、換気によって外気がそのまま流入すると、結露しやすくなります。

表面結露を防止するには、壁などの断熱性を良く(熱貫流率を小さく)して壁などの室内側表面温度が高くなるようにするとともに室内で発生する水蒸気を換気などで室外に排出する必要があります。隅角部や熱橋(躯体を構成する部材で、断熱材を他の材料が貫通することにより熱が伝わりやすくなる部分、ヒートブリッジとも言う)部の結露を防止するには、断熱材をその部分に張り付ける必要があります


A66CAACA-D993-4EAC-9387-A8DC8DD9D1CC.jpeg

posted by リボーン 外壁塗装/リフォーム担当 at 20:58| Comment(0) | 日記
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------
最近のコメント
----------------------------------------------------------------------
屋根・外壁塗装、リフォームなら
Re:Born(リボーン)におまかせ!
www.smiley-reborn.com
----------------------------------------------------------------------